本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

平成26年度委託研究公募に関する事前のご案内

  • 印刷
2013年12月16日

独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長:坂内 正夫)では、平成26年度から開始する下記の委託研究を公募しますので予めお知らせします。

詳細は、公募開始後、ホームページに掲載される応募要領等をご覧下さい。



1.公募予定の研究開発課題

1)大規模フラットネットワーク基盤技術の研究開発
柔軟かつ高速可変性を有する大規模フラットネットワークを実現するための鍵となる、大容量光信号スイッチとそれを用いたネットワークの制御技術の研究開発と実験的検証。
研究期間:平成26年度~30年度(5年間)

2)メッシュ型地域ネットワークのプラットフォーム技術の研究開発
メッシュ型の通信路による非常時にも平時にも役立つプラットフォーム及びアプリケーションの研究開発と実証実験。
研究期間:平成26年度~28年度(3年間)

3)暗号プロトコル安全性評価における中立的な評価手法の研究開発
暗号プロトコルの安全性について、技術的に中立かつ統一的な評価手法の確立。
研究期間:平成26年度~28年度(3年間)

4)光周波数・位相制御光中継伝送技術の研究開発
光ネットワークの周波数利用効率の向上を目指して、広帯域波長可変性を備えた高コヒーレンシ光源技術と光増幅中継技術の研究開発。
研究期間:平成26年度~29年度(4年間)

 
参考

以下の2件については、既に事前のご案内をWeb掲載しております。

 i)ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発
「ソーシャル・ビッグデータ」(公共性を有するビッグデータ)の利活用の促進およびサイバーフィジカルシステム、M2M、IoTとも呼ばれるシステム・サービスの実現・普及のための研究開発及び実証実験。
Webページ: http://www.nict.go.jp/info/topics/2013/11/131126.html

 ii)新世代ネットワークの実現に向けた欧州との連携による共同研究開発および実証
大規模スマートICTサービス実証基盤を用いたアプリケーション実証、および、高い密度で集中するユーザに対応可能なアクセスネットワークの開発。
Webページ: http://www.nict.go.jp/call-for-app/131206.html

2.公募の時期(予定)

平成26年1月に公募を開始する予定です。

3.ご注意

本公募は、平成26年度予算の成立を前提に行うものであり、これを速やかに開始できるようにするために事前にお知らせするものです。したがって、予算の成立状況によっては今後内容等に変更があり得ることを予めご承知おきください。

※委託研究制度の概要等につきましては、委託研究推進室のホームページをご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

産学連携部門 委託研究推進室

大内、天野、古谷
Tel:042-327-6011
Fax:042-327-5604
E-mail: