本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

新世代ネットワークの研究開発に関する日欧共同公募について(予告)

~ 平成25年度「高度通信・放送研究開発委託研究」 ~

  • 印刷
2012年9月10日

独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長:宮原 秀夫)では、平成25年度から開始する新世代ネットワークの日欧共同研究開発を公募します(※)。1件の研究開発課題(3件の小課題)の受託者を公募する予定としていますので、予めお知らせします。詳細につきましては、公募開始後ホームページに掲載される応募要領等をご覧下さい。
※:欧州委員会のFramework Program 7(FP7)との共同研究開発として実施します。


 

1.  公募予定の研究開発課題
新世代ネットワークの実現に向けた欧州との連携による共同研究開発
研究期間:
平成27年度まで
概要:
本委託研究では欧州委員会が実施するFramework Program 7(FP7,)と連携して、日欧双方で共同で行う研究開発について委託致します。新世代ネットワークあるいは将来インターネット分野における二つのネットワーク技術として、IoT(物のインターネット)とクラウドの融合、および、コンテンツ指向ネットワーキングによる省エネルギーコンテンツ配信について、日欧双方での共同研究開発を進めます。また、日本と欧州のテストベッドを接続し、接続されたテストベッドを用いた実証的共同研究開発を公募します。これらの研究開発の実施において、日本および欧州の強みを戦略的に組み合わせることにより、研究開発力を高めるとともに、成果の国際的な展開や、国際標準化等への提案が見込まれます。
※:http://ec.europa.eu/research/participants/portal/page/cooperation?callIdentifier=FP7-ICT-2013-10 
  http://cordis.europa.eu/fp7/ict/docs/ict-wp2013-10-7-2013.pdf  (98-101ページ、145-147ページ等)
課題ア モノのネットワークとクラウドを融合するネットワークサービス基盤の研究開発  
実時間性の必要な IoT サービスをクラウドにより実現するためのサービス基盤を構築する。
課題イ ネットワークテストベッドを活用した日欧における実証的共同研究
認証やリソース制御等のネットワーク制御プレーンや実運用シナリオを前提とした実験ネットワークを用いた実証実験により有効性を示す。
課題ウ コンテンツ指向ネットワーキングによる省エネルギーコンテンツ配信の研究開発
今後、大容量化するコンテンツ配信において、必須となる低消費エネルギー化技術を研究開発する。

2.  公募の時期
平成24年10月頃に公募を開始する予定です。


3.  応募要領等
公募開始日にNICT Webページに掲載します。


4.  公募説明会
以下の通り公募説明会を第5回新世代ネットワークシンポジウムと併せて開催します。
   日時:平成24年10月10日(水)12:30~14:00
   場所:ベルサール八重洲 ROOM6
   東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル3階
   http://www.bellesalle.co.jp/bs_yaesu/access.html

5.  その他留意事項等
(1)本件の公募については、政府研究開発データベース(e-Rad)経由での応募も可能とする予定です。
(2)今後、課題名称、研究期間等、公募内容等に変更があり得ることを予めご承知下さい。。

※ 委託研究制度の概要等につきましては、委託研究推進室のホームページをご覧ください。



公募に関する問い合わせ先

産学連携部門 委託研究推進室

藤瀬、天野
Tel:042-327-6011
Fax:042-327-5604
E-mail: