本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

東京消防庁から感謝状を授与

~東日本大震災における「きずな(WINDS)」の活動に対して~

  • 印刷
2011年8月1日

独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長:宮原 秀夫)は、7月28日、東京消防庁にて、東京消防庁消防総監から東日本大震災への支援協力に対する感謝状を授与されました。

NICTワイヤレスネットワーク研究所では、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を用いた研究開発の一環として、大規模災害等における通信衛星の利活用に関する実験に取り組んでいます。「きずな」(WINDS)は実験段階の衛星ではありますが、東日本大震災の発生の際は、災害支援を優先し、NICTとしてでき得る限りの協力を行ってまいりました。

3月13日の東京消防庁からの支援要請に基づき、14日にはVSAT(持ち運び可能な超小型地球局)等の機材を気仙沼市に搬入し、翌15日から緊急消防援助隊指揮支援本部(現地本部:宮城県気仙沼市)と東京消防庁作戦室(東京都大手町)の間に「きずな」(WINDS)を用いてブロードバンド回線接続の提供を開始しました。この臨時通信回線により、両拠点の間でリアルタイムに高品質映像の双方向伝送が可能となり、ハイビジョン画像を活用した被災状況の伝達、画像や地図の閲覧等、円滑な情報共有が行えました。

今般、このような活動が緊急援助隊の円滑な活動に貢献したとして、感謝状をいただいたものです。

被災された皆様には心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早く復興されますことをお祈り申し上げます。

東京消防庁消防総監から感謝状を授与
東京消防庁消防総監から感謝状を授与
(左:熊谷 博 NICT理事、右:北村 吉男 東京消防庁消防総監)

東京消防庁幹部とNICT関係者
東京消防庁幹部とNICT関係者

 

取材依頼及び広報 問い合せ先

広報部

報道担当 廣田 幸子
Tel:042-327-6923
Fax: 042-327-7587
E-mail: