本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

情報化月間推進会議から新燃岳の観測に対し表彰状を授与

~ 「Pi-SAR2」による新燃岳火口周辺の観測に対して ~

  • 印刷
2011年10月6日

独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長:宮原秀夫)は、10月3日(月)、東商ホール(東京都千代田区)にて、情報化月間推進会議 牧野 力 議長から、「航空機搭載合成開口レーダーシステム」(Pi-SAR2:パイサーツー)を用いた霧島新燃岳噴煙下レーダ画像の計測に対して、情報化月間推進会議議長表彰を受けました。

NICT電磁波計測研究所では、航空機搭載合成開口レーダーシステム(Pi-SAR2)の研究開発に取り組んでおります。Pi-SAR2は、航空機から地上の状況を昼夜・天候・噴煙等の影響を受けずに観測できるシステムで、世界最高精度の分解能(30cm)を持ち、かつ、広範囲(10km×50km程度)を計測することが可能です。このたび、NICTが平成23年1月19日(水)以降、噴火の続く新燃岳の火口周辺の観測を継続的に行い、得られた画像データを気象庁及び火山噴火予知連絡会をはじめとする関係機関に提供し、新燃岳の地表状態の把握に多大な貢献をしたとして表彰されたものです。(http://www2.nict.go.jp/y/y202/shinmoe/index.html

また、平成23年3月11日(金)に発生した東日本大震災においても、翌12日(土)に本システムで観測を行い、被災地の画像データをいち早く公開するなどの活動も行っております。(http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h22/announce110312/index.html

被災された皆様には心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早く復興されますことをお祈り申し上げます。
 

情報化月間記念式典にて表彰状を授与
【情報化月間記念式典にて表彰状を授与】
 左:牧野 力  情報化月間推進会議 議長
 右:井口 俊夫 NICT電磁波計測研究所長

NICT電磁波計測研究所 関係者
【NICT電磁波計測研究所 関係者】
 左  :浦塚 清峰(センシングシステム研究室長)
 中央:井口 俊夫(電磁波計測研究所長)
 右  :石井 守 (企画室長)

 

本件に関する 問い合わせ先

広報部 報道担当

廣田 幸子
Tel: 042-327-6923 
Fax: 042-327-7587
E-mail: