本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

有償提供データ

  • 印刷

NICTでは、研究の成果や定常業務により生まれた各種データを大学や研究機関だけでなく民間企業等に対しても 有償で提供しています。

人体を細かなブロックで分割し、それぞれのブロックに筋肉や脂肪といった組織名を示す番号を付与した、日本人成人男女および妊娠女性の平均体型を有するデータ、またこのデータを利用した人体の内部組織構造の可視化、姿勢の変更、メッシュモデルの作成を可能とするプログラムをご提供しています。

人間が日常的に使っている自然な言語(自然言語)を、コンピュータに覚えさせるための情報を記述した、 大規模知識データベースで、日本語と英語の単語辞書(29万語)をはじめ、単語概念の類語を記述する 概念辞書(42万語)や辞書記述の典拠としてのコーパスデータベース(例文集、32万語)などの膨大な 量の辞書から構成されています。

『日本語話し言葉コーパス』(第1刷)は、2004年に完成した自発音声研究用データベースです。 このコーパスは、日本語の自発音声を大量に集め、多くの研究用情報を付加した話し言葉研究用 のデータベースで、2011年11月に第3版が大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所から公開されています。

日本から可視範囲にある、静止軌道付近の衛星を定期的に光学撮影し、恒星位置を基準とした衛星の方角データを提供します。

日本から可視範囲にある、静止衛星からの電波を干渉計で受信し、相関処理をすることによって、衛星の方角データを提供します。