本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

登録特許情報の一覧

  • 印刷
2016年7月12日

新たに登録になった特許を順次公開しています。

ホログラム生成装置およびホログラム生成方法
 登録番号
-------------
 概要
 5831930(2015年11月6日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 3次元映像の情報を記録及び再生するためのホログラム方法に関し、平面から平面へ複素振幅分布の伝播によって物体光データを生成するため、被写体を構成する点とホログラムすべての点とを対応付ける。すべての点において光の回折を計算する従来の点充填法に比べ計算量が少なく、高速にホログラムデータを生成することができる。また、距離情報から物体(被写体)の位置を特定するため、被写体空間の立体構造を求める前処理を必要とせず、実写画像からもホログラムデータを生成することができる。

パターン分類の学習装置
 登録番号
-------------
 概要
 5834287(2015年11月13日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 何らかの測定データを所定のクラスのいずれかに分類するパターン分類の学習装置に関し、特に、LGM-MCE(大幾何マージン最小分類誤り)学習を用い、得られる分類器の精度をより高くすることができる学習装置を提供する。 

学習装置、翻訳装置、学習方法、翻訳方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5843117(2015年11月27日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 機械翻訳システムに関し、目的とする言語を構文解析器を用いてプレオーダリングを行うことにより、従来の手法による機械翻訳よりもより精度の高い翻訳を可能とした。

超伝導単一光子検出システムおよび超伝導単一光子検出方法法
 登録番号
-------------
 概要
 5846626(2015年12月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 バイアスティを用いることなく、簡単な抵抗素子のみでバイアス電流経路を超伝導単一光子検出器に接続できるようにしたことで、複数の超伝導単一光子検出器による多ピクセル化が図れる。従って、極低温を安定に維持しつつシステムを小型化し、高い性能(高検出効率および高速応答)を得ることができる。

無線通信方法
 登録番号
-------------
 概要
 5846633(2015年12月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 2以上の通信装置間でデータを無線通信する方法に関し、応答側通信装置側において検出期間を常時立ち上げるのではなく互いに時間間隔を空けて複数となるように検出期間を設定する。即ち、検出期間を断続的に設けることにより、2以上の通信装置間でデータを無線通信する際において消費電力を低減させることが可能となり、バッテリーの寿命も長時間化させることが可能となる。また、この検出期間を断続的に設けたとしても通知フレームも複数に亘り間隔を空けて送信するため、漏れなく検知することが可能となる。

情報中心ネットワークにおけるポテンシャルに基づくルーティング方法およびそれを用いたネットワーク
 登録番号
-------------
 概要
 5846634(2015年12月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 ユーザーの指定するコンテンツについて付与されたポテンシャル値を有するいずれかのノードを暫定探索ノードとし、通信路で接続されたノードのそれぞれが持つポテンシャル値を比較して、より目標ノードに近いポテンシャルを有するノードを新たな暫定探索ノードとして探索を順次繰り返すことにより、ポテンシャル面の極小値または極大値を与える目標ノードを探索する。これにより、情報中心ネットワーク(ICN)におけるルーティング問題を解決することができる。

階層化ISPにおけるアドレス空間配分方法
 登録番号
-------------
 概要
 5846637(2015年12月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 アドレス空間配分要求を複数の上流インターネットサービスプロバイダ(ISP)に送信し、適宜デフラグメントを行う。この際、アドレス空間配分可能な上流ISPのうち更に上流に位置するISPの数を用いてアドレス空間を配分する上流ISPを選択する。これにより、情報通信産業において利用可能なシステムを提供することができる。

通信装置、通信制御方法
 登録番号
-------------
 概要
 5846640(2015年12月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 テレビホワイトスペース環境下で動作するように構成された端末である通信装置およびその通信制御方法において、有効周波数帯リストを記憶保持し、必要周波数帯数に一致する周波数帯数幅の周波数帯群を第1種利用周波数帯群として選択し、これに属する周波数帯のうちから、必要周波数帯数に相当する連続した一連の周波数帯を第2種利用周波数帯として選択する。これにより、連続する複数の周波数帯を広帯域に利用できかつその場合への対応として周波数帯の利用効率を向上することができる。

単語アライメントスコア算出装置、単語アライメント装置、及びコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5850512(2015年12月11日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 対訳文対と、対訳文対に対する単語アライメントとを受けて、所定の順序で第1の言語の文の単語を順番に選択し、対訳文対の第2の言語のうちで単語アライメントにより単語と対応付けられた単語と単語とからなる単語対が正しい可能性を示すスコアを第1の言語の文の全単語について算出し、スコアに基づいて単語アライメントのスコアを算出する。これにより、従来の装置より高精度な装置を実現することができる。

情報検索サービス提供装置及びコンピュータプログラム法
 登録番号
-------------
 概要
 5858456(2015年12月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 利用者からの情報の検索要求をいずれかの情報提供サービス業者かに割当てて、情報提供サービス業者の提供する情報を直接利用者に提示するサービスに関し、機械可読な複数個の文を、文の間に定義される距離に基づき複数個のクラスタに分類し、各クラスタを代表する代表文を定め、それぞれについてのオークションをオンラインで行うことにより、落札者を決定する。これにより、インターネット上のサービスに関する検索要求に対する情報検索サービスを運営するにあたり、そうしたサービス自体をビジネス上の利益に結びつけることができる情報検索サービス提供装置を提供することが可能となる。

嗅覚ディスプレイ
 登録番号
-------------
 概要
 5867491(2016年1月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 パソコンやTVなどの視聴覚ディスプレイと連動し、映像や音を含むコンテンツに付加して香りをユーザの提示する嗅覚ディスプレイに関し、提示する香りの濃度に応じて、空気噴射部を作動させる回数を算出し、香気のみならず無臭の空気を安定して噴射する。これにより、香気と無臭の空気を交互にまたは同時に噴射させるので、香気と無臭の空気の混合割合に応じて濃度が制御された香りを均一に提示することができる。

超伝導単一光子検出システムおよび超伝導単一光子検出方法
 登録番号
-------------
 概要
 5875045(2016年1月29日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 各信号伝送経路を互いに異なる長さを有するように構成し、超伝導単一光子検出器アレイへの光照射時刻と超伝導単一磁束量子回路からの信号出力時刻との時間相関をとることにより、超伝導単一光子検出器ごとに出力信号を時間的に分解することができ、極低温下におく必要がなくなるため、超伝導単一磁束量子回路の論理回路を複雑化する必要がなくなる。よって、超伝導単一光子検出器の数を増やしてもシステムの大型化を抑制しつつ、しかもいずれの超伝導単一光子検出器からの検出信号であるかを容易かつ確実に判別することができる。

 受信信号判定装置及び方法
 登録番号
-------------
 概要
 5875046(2016年1月29日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 得した受信信号から相関値を算出し、幾つかの正の値の和のピークと負の値の和のピークの差分値を計算する。それぞれの差分値の絶対値のうち最大のものを抽出し、所定の闘値と比較することにより受信信号がテレビジョン信号か否かを判定する。これにより、TV信号が低SN比であっても検出精度を向上させることができる。 

量子鍵配送を利用した電子カルテの伝送方法及びシステム
 登録番号
-------------
 概要
 5875047(2016年1月29日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 病院間や検査機関と病院との間等医療システム間における電子的情報の授受において、ワインタイムパッド暗号などの乱数をサーバと近隣病院のクライアント端末へ配信する。サーバは、ワインタイムパッド暗号とパスワード等を用いて検査結果を暗号化する。近隣病院のクライアントは、暗号化した検査結果を受け取る。近隣病院にてユーザが検査結果を受け取る際には、ワインタイムパッド暗号の他、ユーザのパスワード等があって初めて検査結果を復号化し表示できる。これにより、建物間の通信はワインタイムパッド暗号等を用いて極めて秘匿性の高いものとすることができる。さらに、近隣病院においては ユーザが存在して初めて検査結果を復号化できるため電子カルテ等の情報の秘匿性を高めることができる。 

通信装置、通信制御方法
 登録番号
-------------
 概要
 5875048(2016年1月29日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 テレビホワイトスペース環境下で、特に端末の位置移動に対応した通信において、端末の位置移動に対応して、想定移動域を基に通信装置が移動域を超えているかいないかを判断する。これにより、広い領域または多数の位置を示す情報およびこれらに対応した有効なチャンネルのリストに基づく機能動作が可能で、かつ、そのより広い領域または多数の位置に相当の領域内に現在位置しているか否かを容易に点検することが可能となる。


情報処理装置、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5881157(2016年2月12日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 従来、クラスN-gramモデルをWFSTで表現すると非常に多くの状態遷移が必要となり、デコーディング時のメモリ使用量が著しく増加してしまうという問題があった。また、メモリ使用量を削減するために、on-the-fly合成を利用する場合には、クラスの連鎖確率を表すWFSTとクラスから単語に展開するWFSTとをオンデマンドで合成し、さらに別のWFSTと合成するために、状態遷移を単語IDでソートする必要がある。このオーバヘッドはデコーディングの計算量を著しく増加させるという問題があった。本発明において、クラスN-gramモデルを表現したWFSTを少ないメモリ使用量で、かつ少ない計算量で使用することができる。


発音辞書作成装置、発音辞書の生産方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5888723(2016年2月26日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 音声認識装置で利用可能な発音生成装置に関し、単語の位置を特定し、発音情報の頻度を算出し、高い発音情報を有する発音エントリを発音辞書に蓄積する。これにより、多様な発音変化、特に単語の位置に依存して生起する発音変化に対応できる発音辞書を作成でき、発音辞書の生産装置等として有用である。


言語モデル結合装置、言語処理装置、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5888729(2016年2月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 複数の言語モデルを結合する言語モデル結合装置に関し、1以上の言語モデルが有する2以上のノードが予め決められた統合条件を満たすか否かを判定し、結合を行う。これにより、精度の高い言語処理モデルを構成することが可能になる。

立体表示装置
 登録番号
-------------
 概要
 5888742(2016年2月26日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 裸眼による観察を可能とする立体表示装置に関し、対称面に対する被投影物の面対称位置に歪みのない実像を結像する実鏡映像結像光学系と、光線を拡散させる拡散面とを併用することで、プロジェクタアレイを構成する各プロジェクタの射出瞳から照射された映像を、その射出瞳の対称面を境とした面対称位置に、境界部をぼかした鏡映像である実像として結像させることができる。これにより、観察者が視点を移動しても途切れることなく連続的に高精細な立体映像として見ることができ、しかも平面上に浮かぶ空中に定位する立体映像に対して輻輳と調節の矛盾を減少させ、観察者とのインタラクションをも可能とする立体表示装置を提供する。

通信管理装置、通信管理方法
 登録番号
-------------
 概要
 5896377(2016年3月11日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
テレビホワイトスペース(TVWS)環境下で動作する通信装置に関し、複数の被管理装置のうちの2つの被管理装置のすべての組み合わせ対ごとに、対応リストに基づいて、2つの被管理装置で共通に利用可能な周波数を、対利用可能周波数として特定し、最良の候補経路を選択することにより、メッシュネットワークに適用して、時々刻々と変化し得る通信環境にも対応して通信品質を良好に維持することが可能な通信管理装置および通信管理方法を提供する。

論理推論システム、計算学習装置および論理推論方法
 登録番号
-------------
 概要
 5904525(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 人工知能の分野における論理で表わされた知識をもとに推論を実行するための論理推論システムであって、複数の演算ノードおよび演算ノードの間を各々つなぐ複数のエッジにより計算手続きを表わすデータフローグラフを用いて順伝播計算を実行し、計算結果に基づき外部から与えられる教師値や制約を満足するための補正情報に基づきデータフローグラフの中で局所的な補正情報を表わすトークンを逆方向伝搬し、それらトークンに確率的な選択を施すことにより定数の学習や制約に基づく変数値の算出を行なう。これにより、学習機能を盛り込みつつ演繹推論を実行し、構築された知識の構造をグラフに明示できる。またユーザが所望する演算結果を出力するプログラムを学習により作成することができる。

立体画像制作支援装置、立体画像制作支援方法および立体画像制作支援プログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5904526(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 スクリーンの形状、視域の形状および視域とスクリーンとの相対的な位置関係を示す情報を取得してデータを生成し、立体画像の制作者に第1の配置領域を認識させることが可能となる。これにより、立体画像の制作者は、立体画像の制作の際に、立体画像を第1の配置領域内に容易に配置することができる。その結果、いかなる原理に基づく立体ディスプレイにも適切に提示される立体画像を容易に制作することができる。

赤外レーザ光を用いた光無線通信装置の光アンテナ
 登録番号
-------------
 概要
 5904532(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 外部空間に向けられた対物レンズ及び装置内に向けられた接眼レンズを有するケプラー型の光無線通信装置用の光アンテナに関し、対物レンズと接眼レンズとの間に補正レンズとして1枚の平凹レンズを対物レンズ側に凹面を向けて配置し、補正レンズの位置が対物レンズの焦点距離の0.25倍~0.9倍の範囲で、対物レンズと接眼レンズの光学収差を同時に補正する位置に構成することにより、光無線通信用に、波長が1.0μm から1.6μm の赤外波長域で回折限界の結像性能を従来の4倍以上の広い視野で提供できる光学系を、2枚あるいは3枚の市販レンズの組み合わせにより安価に製作することが可能となる。

迷光対策システム及び迷光対策方法
 登録番号
-------------
 概要
 5904535(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光子が伝搬する光ファイバに隣接する光ファイバから漏れ出して、光子が伝搬する光ファイバへと入り込む迷光の影響に関し、これまで影響が検討されていなかった迷光を検出し、検出した迷光の影響のない波長の光子を用いることで、複数の光ファイバを敷設した場合であっても、隣接する光ファイバからの迷光の影響を抑えることができる。更に、波長可変狭帯域フィルタと単一光子検出器とを組み合わせた分析計を用いることで、迷光を適切に分析することが可能となる。

通信装置、通信制御方法
 登録番号
-------------
 概要
 5904539(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 テレビホワイトスペース環境下で動作するように構成された端末である通信装置およびその通信制御方法において、自装置の地理的位置を特定し、地理的位置と該地理的位置の正確性を示す指標をデータベースに送信し、通信機能部を制御することで、より競争率の低い利用可能チャンネルを選択することにより、2次ユーザどうしの競合をできるだけ避けることが可能となる。

NICTが保有する技術や特許などのご利用につきましては、下記にご相談ください。

問い合わせ先

イノベーション推進部門 知財活用推進室

TEL.042-327-6950
FAX.042-327-6659
E-mail: