本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

登録特許情報の一覧

  • 印刷
2018年7月25日

新たに登録になった特許を順次公開しています。

嗅覚ディスプレイおよびそれに用いる香源カートリッジ
 登録番号
-------------
 概要
 6179890(2017年7月28日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
香気室から吐出した香気を補助風力源によって香気噴射方向に加速するため、香気室の設置数を多くしても香気の噴射性能が保持され、より多くの種類の香りを時間的および空間的に限られた範囲に提示できる。また制御基板室の余剰空間を有効利用して補助風力源を配置するため、装置の小型化を図ることが可能。 

多波長測定装置
 登録番号
-------------
 概要
 6192086(2017年8月18日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 多波長での光学測定を行う多波長測定装置に関し、量子ドットまたは量子井戸をそれぞれ備え、互いに異なる複数の波長の光を発する複数の構造体を積層してなる発光部材から生じる、複数の波長の光のいずれかを選択し、測定対象を光学的に測定する。また、層の厚さや構成材料、組成の組み合わせを変えることにより、光の波長を変えることができ、効率的な光学測定が可能となる。

対訳フレーズ学習装置、統計的機械翻訳装置、対訳フレーズ学習方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6192098(2017年8月18日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 音声入力されたテキストに対する修正の改良についての音声認識技術に関し、従来対訳コーパスを追加するたびに翻訳モデルを更新しなくてはならないという問題点があったが、追加した対訳コーパスから生成された翻訳モデルを元の翻訳モデルに繋げて利用することにより、容易に翻訳モデルを段階的に充実させることができる。 

テキスト編集装置及びプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6192104(2017年8月18日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 音声認識技術に関し、音声結果を修正したい場合に、簡単なアクションにより文字列の修正や挿入、削除等を簡単に行うことができ、必要に応じてわざわざ起動しなくとも音声入力が自動的に起動される。これにより、音声認識を利用したコミュニケーションを円滑に行うことができる。

量子ドット型高速フォトダイオード
 登録番号
-------------
 概要
6206834(2017年9月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 P型半導体層とN型半導体層の間に、層厚方向の高さが2~10nmおよび層厚方向と直行する方向の径が20~50nmである量子ドットを1平方センチメートル当り1×1010~1×1011個の密度となる量子ドット層を含む光吸収層を複数積層することにより、光通信の高周波帯域に対応する十分な信号レベルの受信信号を出力することができる。

超伝導単一光子検出器およびその受光配線の構造決定方法
 登録番号
-------------
 概要
 6206837(2017年9月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 ナノワイヤの構造決定に際し、層厚が4nmかつ占有率が50%である場合の光吸収効率を基準光吸収効率Paoとした際に、占有率が50%未満かつ層厚が4nmより大きい組み合わせのうち基準光吸収効率Paoより高い光吸収効率Paが得られるような占有率と層厚との組み合わせを採用することにより、簡単な構成で、受光効率の低下を抑制しつつ応答速度を高くすることができる。

テキストマッチング装置、テキスト分類装置及びそれらのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6206840(2017年9月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 インターネット等のネットワーク上の情報を整理してユーザーに提示するための技術に関し、機械学習を用い、2つのテキストが互いにマッチするか否かを判定し、提示される問題にマッチしたテキスト情報を特定し収集する。これにより、一般的な問題報告、要望連絡及びそれらにより報告される問題を解決したり、要望を充足させたりする支援情報のように、あるカテゴリに属する情報を自動的に、かつ信頼性高く収集し、適切にかつ適宜にそれら情報を提供することができる。

データベース
 登録番号
-------------
 概要
 6213909(2017年9月29日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 テレビジョンホワイトスペースに関する情報を無線通信装置に提供するためのデータベースに関し、地理的運用可能境界を設定し、運用可能か否かを判断し処理を行うことにより、データーベースの処理負担をより小さくしつつ正確性が極めて高いきめ細かな情報提供を迅速に行うことができる。

映像読出装置及び映像読出方法
 登録番号
-------------
 概要
6213911(2017年9月29日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 一組の偏光ビームスプリッタが光源に対して偏光ビームスプリッタの1個分の面積を有するので、一組を構成する2つの偏光ビームスプリッタは1個ずつずれることはなく、一組の偏光ビームスプリッタを単位とした階段状の配置となる。従って、一組の偏光ビームスプリッタによる階段の段数を、個々の偏光ビームスプリッタによる単純な階段状の場合の半分にすることができる。これにより、単純な階段状の場合では読み出せなかった光の一部を全て読みだすことができる。

基地局間ハンドオーバ方法
 登録番号
-------------
 概要
 6218166(2017年10月6日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 有線ネットワーク区間と無線アクセス区間の統合制御およびネットワーク制御技術に関し、個々のモバイル端末が連続的、または断続的に無線ネットワークに接続する時に、その都度アソシエーション処理と認証処理を省略することにより基地局との接続に要する時間を短縮できる。

無線通信システムにおける輻輳制御方法
 登録番号
-------------
 概要
 6226323(2017年10月20日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 輻輳の状況に応じて発信規制条件を満たすか否かの判定を行い、発信規制条件を満たさなかった場合にのみ基地局への接続要求を行う。これにより、移動端末が基地局へ行う接続要求発生頻度を網側の制御に依らず自律的に提言させ、通信に成功した移動端末はリダイヤル規制時間が経過するまで基地局への再呼を行わないため、輻輳状態になっても、利用者間の公平性を高めつつ、網側の制御に過負荷とならない通信規制を的確に行い、輻輳の抑制や解消に好適な無線通信システムにおける輻輳制御方法を提供することができる。

 光遅延線及び電子バッファ融合型光パケットバッファ制御装置
 登録番号
-------------
 概要
 6249403(2017年12月1日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光遅延線バッファに電子バッファを併設し、混雑発生時には電子バッファを補助的に用いることにより、バッファ容量を確保することができ、通常時には電子バッファを使用しないか、バッファ占有率に応じて必要な記憶領域のみを使用する状態とするように動的に制御することで、電力消費量を抑えることができる。

無線通信システム及び方法
 登録番号
-------------
 概要
 6256866(2017年12月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 複数のデバイス間でビームフォーミングに基づき無線通信を行う無線通信方法において、送信側ー受信側デバイス間で送信ー受信方向情報のやり取りを行うことにより、ビームフォーミングに基づく通信リンクを確立することが可能となる。さらに、MAC層ではなく、物理層において伝搬路情報等や受信方向情報等を記述する。これにより、物理層よりも上位に位置するMAC層まで情報の読み書きを行う必要がなくなり、低位の物理層から情報の読み書きを行うことで、より短時間で伝搬路情報等の書込み、読出しを行うことができ、通信品質の向上を図ることが可能となる。

加速度センサーとそれを用いた能動除振装置
 登録番号
-------------
 概要
6256876(2017年12月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光共振器のスペーサーの中心に設けたメインの共振光学パス以外に、そのスペーサーの偏心位置に複数の光学パスを配置し、これらの共振周波数の変化をレーザー光を用いて測定することで加速度を検出する。さらにその光共振器を可動ピエゾステージ等に設置し、検出される振動が抑制されるようにピエゾステージを駆動する。これにより、1Hz以下の地面振動の影響を除振することが可能となる。

ローカル言語資源の補強装置及びサービス提供設備装置
 登録番号
-------------
 概要
 6281856(2018年2月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 音声認識や自動翻訳において、言語資源に登録されていない専門用語、新語、及び流行語などの使用頻度の低い語をユーザが自ら登録可能なローカル資源に登録することにより、言語資源を補強することができる。


無線通信方法
 登録番号
-------------
 概要
 6281859(2018年2月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 端末間で自由にグループを形成し、集結する非同期分散制御による無線通信方法において、グループの形成に必要な時刻情報を含むトリガーシグナル(TS)の送信回数をランダムに決定後、TSのブロードキャスト終了後のタイミングでクリアチャネルアセスメントを行うことにより、多数の端末により複数のグループを構成していても時間帯の重複を解消することができる。これにより、ディスカバリに要する時間を短縮し、ディスカバリのスループットを向上することができる。


光ファイバ特性測定装置及び光ファイバ特性測定方法
 登録番号
-------------
 概要
 6281864(2018年2月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光ファイバの特性を測定するための測定装置及び測定方法に関し、掃引した両側波側帯、搬送波抑圧信号における上部側波帯成分由来のピーク周波数と下部側波帯成分由来のピーク周波数の周波数差を検出することにより、光ファイバの群速度分散値が小さい場合であっても、リーズナブルな変調信号を利用して、光ファイバの群速度分散値を容易な構成で効率的に測定することができる。

外部光共振器の並列動作により光周波数平均化を図った狭線幅光源
 登録番号
-------------
 概要
 6284176(2018年2月9日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 クロックレーザー光を出力する光源に関し、外部光共振器を複数用い、この複数の外部光共振器の共振波長の変動を平均化することにより、熱振動による光共振器の共振波長の変動を平均化し、クロックレーザー光の熱振動によるスペクトル増大を抑制することができる。

空間光通信装置用レドームおよび空間光通信装置用レドームを備えた光通信局
 登録番号
-------------
 概要
 6296591(2018年3月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 空間光通信装置用レドームにおいて、通信光の波長λに対して、透過性ドームの透過波面精度をλ/10以下とし、機能性薄膜によって光通信用の波長帯域の光を選択的に透過させ、レドームが長距離光通信の障害になることを防ぐと共に、機能性薄膜によって可視光を全反射させることで、レドーム外表面が鏡面になり、レドーム内部に配置された空間光通信装置の通信方向を外部から視認できなくする。また、波面補正した通信光が光学レドームを透過すると、直進性の高い平面波に戻ることで、通信光のビーム拡散を抑制し、長距離の光通信を良好に行うことができる。


翻訳語順情報出力装置、機械翻訳装置、学習装置、翻訳語順情報出力方法、学習方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6296592(2018年3月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 機械翻訳において、確率情報、重みベクトル情報、距離情報、元情報等を用いて機械学習を行いながらベクトルを取得し、次に翻訳する用語の位置を決定する。これにより、高度な文でもより正確に語順を決定することができる。


光検出器、電気光学装置および光検出器の製造方法
 登録番号
-------------
 概要
6296602(2018年3月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光導波路に隣接して配置された金属などの導電体において、光導波路からの染み出した光が吸収されることにより光励起キャリアが発生し、光励起キャリアが誘電体層によるエネルギー障壁をトンネルして第2電極に達すると光誘起電流となる。これにより、容易かつ低コストでさらに省スペースの光検出器を作製することができる。


OFDM信号送信装置
 登録番号
-------------
 概要
6296604(2018年3月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 OFDM信号送信装置において、スループットパラメータテーブルに対して、時間軸ウィンドゥイング長に対するスループットの関係を通信条件毎に予め記憶させておき、条件項目を満たす通信条件の中から帯域外輻射の抑制条件を満たす時間実ウィンドウィング長を自動的に選択できるようにし、これに時間軸ウィンドウィング処理と誤り訂正符号とを併用することにより、スループットを劣化させることなく任意のスペクトラムマスクを満足することができ、なおかつ回路構成を複雑化させず、不用意な送信信号電力の低減を行うことのないOFDM信号送信装置を実現できる。


一括取得型光検出装置及び光検出方法
 登録番号
-------------
 概要
6296609(2018年3月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 検出対象である光信号に時間遅延を与えて、光信号列のそれぞれが光混合器において光周波数コムと異なるタイミングで光混合されるように時間調整を行った上で、光信号列と光周波数コムとを光混合して、その混合信号を順次光検出することにより、複雑な全光信号処理技術や、光高速フーリエ変換等に依存せずに、電気的帯域限界を超えた超広帯域光信号の一括計測を行うことができる。


与干渉推定システム、無線装置
 登録番号
-------------
 概要
6304653(2018年3月16日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 第1の無線システムと利用する周波数帯が重複または近接するが、優先度の低い第2の無線システムの送信位置情報、送信周波数情報、送信出力情報、送受信アンテナの利得情報および地上高情報と電波の許容電界強度情報に基づいて、第2の無線システムに許容される最小の伝搬損失と距離情報を算出し、第1の無線システムへ影響を与えない領域の領域情報マップを生成する。


リソース管理システム
 登録番号
-------------
 概要
6304654(2018年3月16日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 リソース管理に関し、複数の負荷を持つプラントなどにおいて当該負荷にリソースを適切に供給するとともに、リソース供給の障害発生やその予測に応じてリソースの供給ルートの再構築を行う。リソースの供給ルートの制御は障害の内容に応じて階層的に行われ、リソースの供給ルートを柔軟に再構築することができ、低コストで多くの危機を管理することができる。


ディスプレイ装置
 登録番号
-------------
 概要
6327806(2018年4月27日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光発生器から発生する光線群を複数の投射口に導く複数の経路が等しい光路長を有するように構成することにより、複数の光線群を出射する複数の仮想的な出射点と複数の投射口との距離が等しくなるため、既存の複数のプロジェクタを並べた場合と同様の機能を一組の光発生器および光学装置により構成される単一の光投射装置を用いて実現することができ、低コストで高品質の画像を提示することができる。


階層型ニューラルネットワークの学習システム及び方法
 登録番号
-------------
 概要
6327926(2018年4月27日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 各種制御、認識、診断等に利用できる階層型ニューラルネットワークの学習システム及び方法において、従来行っているように層毎に学習を繰り返すのではなく、複数の層を一括して学習させることで出力層の不足した情報量に基づいてニューラルネットワーク全体を学習させる必要もなくなることから、大規模化に適した構造かつ大脳皮質の神経回路をより模した学習方法とすることができる。


積層型超高真空作成装置
 登録番号
-------------
 概要
6327974(2018年4月27日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 超高真空作成装置に関し、イオンポンプのケーシング内に、中心開口を有し、複数の電極を間隔を空けて連結して形成した盤状の電極群を配置し、上下両側に一対の盤状電極と一対の盤状磁石を配置する構成にすることにより、排気性などの基本性能を維持しつつ、中心軸方向のサイズをさらに小型化した薄型のイオンポンプを実現することができる。


暗号データ更新システム、暗号データ更新方法
 登録番号
-------------
 概要
6341599(2018年5月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 暗号データ更新方法に関し、更新の際に、保管していた暗号データをそのまま再暗号化することにより、元の平文の状態に戻すことがなくなり、情報漏洩の危険性をなくすことができる。また、再暗号化により、以前の暗号データとは異なるビットセキュリティに暗号データを変換するので、必ずしもビットセキュリティを高める必要はなく、これにより、復号化のコンピュータがさほど高性能でなくても高速に暗号データを復号化することができる。


波長多重分離器とそれを用いた波長多重器
 登録番号
-------------
 概要
6341601(2018年5月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 波長多重分離機に関し、従来、光パワースプリッターを用いていたが、通常のON/OFF動作だけではない分岐率可変型スイッチを採用し、光ファイバ無線信号の入力・多出力の分光装置の入力ポートを自由に選べるようにしたことで、光ファイバの無線信号における複数の周波数間隔に対応できる。

NICTが保有する技術や特許などのご利用につきましては、下記にご相談ください。

問い合わせ先

イノベーション推進部門 知財活用推進室

TEL.042-327-6950
FAX.042-327-6659
E-mail: