本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

登録特許情報の一覧

  • 印刷
2017年7月31日

新たに登録になった特許を順次公開しています。

画像表示装置
 登録番号
-------------
 概要
 5999662(2016年9月9日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
各観察者に身体的負担を強いることなく、コストの増大を抑制し、かつ複数の観察領域からの異なる画像の観察および各観察領域での複数の観察者による共通の画像の観察を可能とする画像表示装置を提供する。

音声処理装置、音声合成装置、音声特徴量の生産方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6011758(2016年9月30日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
音声合成において、高周波数領域(7~8kHz)のスペクトル・エネルギーを大幅に改善し、全周波数帯域にわたって、フォルマントやアンチフォルマントの平坦化の度合いを少なくすることにより、高い品質の出力音声を得ることができる。

ラベルスイッチングネットワーク
 登録番号
-------------
 概要
 6011762(2016年9月30日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 通信ネットワークにおいて、ヘッダ情報としてラベルを用いるラベルスイッチングネットワークに関し、
①スイッチングエンジンの大規模化、大消費電力化を抑制する。
②経路を共有する複数のフローを同じパスに集約し、共通のエントリーで扱えるようにする。
③フレームの伝送の途中で必要な”ラベルの付替え処理”の回数を抑制する。
従来の課題であった上記の問題を解決した。

データ送受信方法
 登録番号
-------------
 概要
 6020994(2016年10月14日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
ワイヤレスパーソナルエリアネットワークにおいて
①同期部やヘッダ部などの冗長部を削減する。
②それぞれのデバイスを定期的に起動し、短時間の待ち受けを行い、待ち受け時間以外はスリーブモードに移行できるようにする。
③同期用信号の送信直後に送受信を開始する。
この3つを実現したことにより、電力の消費を効果的に抑制し、更に省電力化を図ることができる。

情報サービスによるネットワーク制御ミドルウェア
 登録番号
-------------
 概要
 6021000(2016年10月14日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
あらかじめ記憶させておいたルール群を逐次読み出し、その条件群が充足されているか否かを評価し、ネットワーク基盤を構成する。また、アプリケーションの変更またはネットワークの状況に応じてアプリケーションの要求に合致するように構成する。これにより、アプリケーションの要求を動的にネットワーク制御プロトコルに変換し、実行するための汎用的な仕組みを実現するネットワーク構成装置を提供できる。

データベース、データベース制御方法
 登録番号
-------------
 概要
 6021007(2016年10月14日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
テレビジョンホワイトスペース(TVWS)に関する情報を無線通信装置に提供するためのデータベースに関し、特定の弁別対象周波数帯が利用可能であるか否かの程度を示す評価値を、計算対象組データが有するパラメータに現在時刻に近い時刻を有するほど大きな重みを与えるように算出し、評価値とあらかじめ算出した閾値との大小関係に基づいて、特定の弁別対象周波数帯が利用可能であるか否かを判定し、利用可能な周波数帯に関する補足情報として生成する。

MCSの決定方法
 登録番号
-------------
 概要
 6021009(2016年10月14日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
無線LANシステム等、シングルキャリア伝送方式を用いる無線通信システムにおいて用いられる変調誤り訂正方式(Modulation and Coding Scheme:MCS)の決定方法に関し、ディップの数に基づき、MCSを決定することで、周波数領域等化(Frequency Domain Equalization:FDE)を用いる場合であっても、実際の受信特性に対応する最適なMCSを得ることができる。

データ送受信方法
 登録番号
-------------
 概要
6024064(2016年10月21日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
コンテンションアクセス期間(CAP)を従来のデータ送受信方法よりも短くすることができたことにより、アクティブ期間を短くし、デバイスの起動時間を短くすることができる。また、同期が確立された後は、ビーコン信号の送信頻度を低下することにより、電力消費を効果的に抑制することができる。

ニアフィールド測定装置
 登録番号
-------------
 概要
 6028964(2016年10月28日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
電波放射器を4分の1回転分回転する前または回転後の測定領域の位置を補正することで、4分の1回転分回転する前と回転後の測定領域の相対的ずれを解消した検出値を出力する。これにより、Kバンド以上の電波放射器から放射される電波の、ニアフィールドにおける電界強度を抑制された誤差で測定できるようになり、電界強度の測定データからファーフィールドである受信地点での電界強度をより少ない誤差で推定することができる。

奥行マップの再標本化装置及び方法、プログラム、並びに奥行マップの再標本化システム
 登録番号
-------------
 概要
6028965 (2016年10月28日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
画素の間引かれた奥行きマップから、画素を間引く前の元の奥行マップにおける被写体の境界位置と同様の奥行マップを復元することにより、多視点映像と共に蓄積および伝送するデータ量が低減された奥行きマップの再標本化に際して奥行マップの品質の劣化を低減することができる。そのため、復元された奥行きマップを用いて合成される多視点映像における歪を低減することができる。

アレー給電反射鏡アンテナの評価方法
 登録番号
-------------
 概要
 6031703(2016年11月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
アレー給電部の一部のみを製作し、評価することで、その評価結果を用いる場合でも、フルモデルのビーム特性を充分正確に予測することができる。また逆に、所定のビームを実現するための各アンテナ素子への給電条件を精度良く求めることができ、それぞれのアンテナ素子への励振パラメータの設定が容易になる。

チャープのある光変調による光電気発振器及び光電気発振方法
 登録番号
-------------
 概要
 6032699(2016年11月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
チャープを伴った光信号を出力可能な光変調器を用いて光変調を行い、光変調器からの出力信号を、分散媒質を介して光検出器に入力することで、チャープ成分の中から光電気発進に必要とされるfm成分を検出でき、検出したfm成分を変調信号として光変調器にフィードバックできる。このような構成にすることにより、光電気発信機に分周器を用いる必要がなくなるため、コストを抑えることができる。

 IEEE802.15.4ネットワークを介するデバイス間の直接的データ送受信方法
 登録番号
-------------
 概要
 6041257(2016年11月18日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
IEEE802.15.4ネットワークを介するデバイス間のデータ送受信方法に関し、互いに電波の届く範囲内にある近隣のデバイス間でデータパケットを直接交換することで、通信に要する時間を短縮し、電力の消費を抑制するとともに、使用される周波数帯を少なく抑えることができる。

移動無線通信装置、移動無線通信装置の制御方法
 登録番号
-------------
 概要
 6041263(2016年11月18日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
他の無線通信装置に関する状況を収集するための装置及び方法に関し、ネットワークに重大な故障が生じた場合、正常な時のリンク情報と回収されたメッセージを突き合わせることにより、故障局を容易に特定することができる。

論理推論システム、計算学習装置および論理推論方法
 登録番号
-------------
 概要
6044691(2016年11月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
各ノードが並列独立に発火しトークンを生成して必要な事実節の探索を行い、補正情報を表すトークンを逆方向に流し、それに確率的な選択を施すことにより、変数間の矛盾を解消することができ、ユーザーが所望する演算結果を出力することができる。

通信システム、ノード装置、通信方法
 登録番号
-------------
 概要
 6052567(2016年12月9日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
上位ノードと下位ノード装置を有し、個々の下位ノード装置として環境情報を検知する機能を有することがなくても、これを上位ノード装置から情報の提供を受けることで補うことができ、コスト低減を実現しつつ高機能な通信システムを可能とする。


電磁界全身曝露評価人体模擬装置
 登録番号
-------------
 概要
 6052577(2016年12月9日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
足部、胴体部、および腕部のうち少なくとも1つが、複数のケースで構成され、複数のケースを満たした各液剤同士を電気的に接続する金属具を備え、各ケースの数を増減することにより、胴体部の高さや腕部の長さの変更が可能となる。これにより、小児などを想定した電磁界暴露評価が可能となる。また、胴体部や腕部を各ケースに細分することができ、運搬がより容易となり、全身平均SARの評価が可能となる。


FSK変調器によるRF信号の周波数測定装置
 登録番号
-------------
 概要
 6052580(2016年12月9日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
FSK変調器によるRF信号の周波数測定装置に関し、光周波数シフト変調器を用いてUSB信号及びLSB信号を発生させて、その強度比を用いることで、効果的に無線信号の周波数を測定することができる。

立体ディスプレイ
 登録番号
-------------
 概要
 6060417(2016年12月22日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
光透過拡散層と光反射層とを積層することにより、光線制御子を容易に製造することができ、光透過拡散層と光反射層の位置関係の調整が不要となる。これにより、正確な立体画像をより容易に表示することができる。

無線通信装置、飛翔制御装置
 登録番号
-------------
 概要
 6061290(2016年12月22日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
所定時間経過後の無線通信装置の位置と基準位置との間での電波の積算複素振幅位置が良好に確保される位置候補を特定し、その中から最適移動位置を選択し、所定時間経過後に無線通信装置を最適移動位置に送り出す。これにより、無線通信装置を常に電解強度が強い適正な位置に飛翔させることができ、通信性能を向上して通信の信頼性を高めることができる。


無線送信機、無線受信機、無線通信システムおよび無線通信方法
 登録番号
-------------
 概要
 6061296(2016年12月22日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
部分サブキャリアシステムを用いたOFDM通信を行うことにより、テレビ周波数チャネル帯域幅よりも小さい帯域幅の部分TVホワイトスペースの有効利用が可能となり、スループットを向上させることができる。

マルチホップ無線通信システム
 登録番号
-------------
 概要
 6074795(2017年1月20日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
通信端末の位置情報を効果的に活用することにより、サブネットワークの状況に応じた柔軟で的確なチャネル設定を行うことができ、単位面積あたりのサブネットワークの収容密度を向上させ、信号干渉を低減させることが可能になる。これにより、災害時等における緊急を要する通信を行う場合や、ネットワーク収容能力を向上が要求される場合などにおり顕著な効果が得られる。

複数センサの観測情報の突合による不正通信検知方法
 登録番号
-------------
 概要
 6086423(2017年2月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
先に作成した暫定的ブラックリストからホワイトリストにあるアクセス先を除外することでブラックリストを作成する。ゲートウェイがこのブラックリストを参照することで、マルウェアの行う不正通信を検出し、警告を発する。これにより、リスト漏れによる誤検知を抑えつつ、高い検知率を実現できる。

ゴレイ符号系列相関器およびそれを用いた等化器
 登録番号
-------------
 概要
 6086430(2017年2月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
超高速無線伝送に際し、要求される動作速度を減少させるとともに、装置を大型化することなく、1種類の回路により様々な種類、長さのゴレイ符号系列に関する相関を得ることができる装置を提供する。

立体映像符号化装置、立体映像復号化装置、立体映像符号化方法、立体映像復号化方法、立体映像符号化プログラム及び立体映像復号化プログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6095067(2017年2月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
画素漏れの少ない、より適切なオクルージョン・ホールを検出することにより、立体映像を効率良く符号化し、より良質な画像を表示することができる。

翻訳装置、翻訳方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6103573(2017年3月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
構文解析機に依存せずに精度の高い文章の並び替えを実現することで、1つの言語に特化せずに翻訳を行うことができる。

光導波路及びその製造方法
 登録番号
-------------
 概要
 6103574(2017年3月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
架橋性高分子組成物から製造されてなる光導波路において、2次非線形光学特性を有する1種又は2種以上の成分を配合し、コアの屈折率をクラッドの屈折率より大きく、かつコアの電気抵抗率をクラッドの電気抵抗率と同等以上とすることで、コアあるいはクラッドを好適に製造することができ、コアが効率的に2次非線形光学効果を発現することができる。

脳波計測用電極、脳波計測用電極を備える脳波計測用電極付キャップ
 登録番号
-------------
 概要
 6112534(2017年3月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
金属からなり、また先端部を球形にして頭皮と接触している部分の痛みを軽減した脳波計測用電極のついた脳波キャップにさらに伸縮性を持たせることで頭皮が汚れず、頭の形が違っても導通を確保することができる。

対訳表現抽出装置、対訳表現抽出方法及び対訳表現抽出のためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6112536(2017年3月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
単語とシード単語との直接的な関連性だけではなく、間接的な関連も含め、翻訳対各単語との総合的関連性の分布を求め、文脈ベクトルとする。この文脈ベクトルにもとづいて類似度を算出する。これにより、ノンパラレルコーパス(対訳関係にない、言語が異なる2つ以上の文書集合)を用いてもより精度の高い対訳表現を人手をかけずに抽出することができる。

人工衛星搭載用アンテナ装置及び人工衛星搭載用アンテナ制御システム
 登録番号
-------------
 概要
 6124289(2017年4月14日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
反射鏡に生じた歪みに応じて通信ビームを生成する際の励振位相制御及び励振振幅制御をおこなうことにより、所望のビーム指向方向、ビーム形状、及びサイドローブを有する通信ビームを送信することができる。

NICTが保有する技術や特許などのご利用につきましては、下記にご相談ください。

問い合わせ先

イノベーション推進部門 知財活用推進室

TEL.042-327-6950
FAX.042-327-6659
E-mail: