本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

登録特許情報の一覧

  • 印刷
2017年10月1日

新たに登録になった特許を順次公開しています。

アノテーション補助装置及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6074820(2017年1月20日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 自然言語のテキスト中に含まれる、指示語を解析する処理(照応解析)および、主語等の省略を検出し、それを補完する処理(省略解析)をコンピュータの表示装置と入力装置を用いて候補を列挙し、ユーザとの対話型処理によって選択してもらう。これにより、照応・省略解析の精度を向上させ、人的コストを軽減することが可能となる。

オプティカルフローセンサ、光センサ及び光電変換素子
 登録番号
-------------
 概要
 6085775(2017年2月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光受容性タンパク質等の光電変換材料は種類によって光応答時定数が異なることを利用して移動体における輪郭の移動方向をや移動速度を算出することができる。これにより、各光電変換素子からの出力電流をパラメータとしてオプティカルフローを容易に算出することができる。

テラヘルツ帯光素子導波路
 登録番号
-------------
 概要
 6124293(2017年4月14日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 従来、活性層コアが高温になり、導波特性などの劣化が生じやすくなるという問題があったが、テラヘルツ帯電磁波が伝搬するときに分割された各活性層が発生した熱を吸収して基板に積層された金属部位へ放熱するように放熱層の端部が金属部位と接するようにすることにより、電力を供給したテラヘルツ帯光素子の温度上昇を抑制することができ、冷却装置等を備えるコストを抑えることができる。

無線通信方法
 登録番号
-------------
 概要
 6124294(2017年4月14日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 マルチホップの無線通信方法において、未使用のレガシーユーザーによる信号のリレーを有効利用することで、所定の時間・周波数スロットや地域においてサポートできるユーザ(デバイス)の数と、全体的なスループットとを増加することができる。

有機電気光学ポリマーとして有用な、ガラス転移温度調整可能な共重合体、及び該共重合体を用いた有機電気光学素子
 登録番号
-------------
 概要
 6137694(2017年5月12日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 シクロアルカンメタクリレートと2-イソシアナトエチルメタクリレートの配合比率を変動させて、さらに電気光学分子(EO分子)を結合させることによって所望のTg値を有する共重合体にすることができ、これを用いてEO材料に最適なTg値を有するコア層及びクラッド層の有機EOポリマーを作製することができる。

定量的F0パターン生成装置及び方法、F0パターン生成のためのモデル学習装置、並びにコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6137708(2017年5月12日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 従来、発話の仕方の変化に伴い、音声のピッチに微細な変動が生じ(マイクロ・プロソディ)、この影響を受けて音声の基本周波数の時間変化(FO)パターンの誤差が大きくなるという問題があったが、統計的モデルによりFOパターンを生成する際に、精度を保ちながら言語学的情報とFOパターンとの対応が明確で、文の焦点を容易に設定できる装置を提供することができる。

単語登録装置及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6150268(2017年6月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 従来、音声認識サーバーで誤認識した単語でもそのまま音声認識端末の辞書に登録されてしまうという問題があったが、音声認識の結果を画面上に文字列表示し、それに修正を加えることを可能にした。これにより、簡単な操作で、かつ音声認識の精度を下げずに音声処理用辞書への単語登録が可能となる。

嗅覚ディスプレイ
 登録番号
-------------
 概要
 6150273(2017年6月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 筐体を複数構造とすると共に、各香気室からの香気通路を中央連結部分を通すように形成したことにより、小型でありながらより多くの種類の香りを時間的および空間的に限られた範囲に提示することができる。

立体映像符号化装置、立体映像復号化装置、立体映像符号化方法、立体映像復号化方法、立体映像符号化プログラム及び立体映像復号化プログラム
 登録番号
-------------
 概要
6150277 (2017年6月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 多視点映像及び奥行マップについて、複数の合成方法を選択できるようにし、かつ旧システムと共存でき、かつ旧システムで誤動作を起こさないために符号化ビット列の信号体系を極力変更せずに共通の符号化ツールを使用できるようにした。

ノン・ファクトイド型質問応答システム及びコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6150282(2017年6月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 コンピュータ及びネットワークを利用した質問応答システムに関し、回答候補中の因果関係表現を回答候補を選択する上で考慮することにより、質問の表現と因果関係の表現との含意関係を回答の選択に反映させることができる。これにより、ノン・ファクトイド型質問に適切な回答を与えることができる。

広帯域アンテナ
 登録番号
-------------
 概要
 6150287(2017年6月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 広帯域アンテナに関し、地板の給電側部にモノポールアンテナ構成体の受電平板部を直行配置する構造を採ることで、モノポールアンテナ構成体の立体構造給電位置の調整によってアンテナ特性を変更できる。これにより、必要とされる広帯域特性を保持しつつ、アンテナ全体の小型化が可能となり、マルチポート化も実現できる。

 矛盾表現収集装置及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6150291(2017年6月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 学習データを用いた機械学習により、大量のテキストから文全体よりも小さな単位で精度よく矛盾表現を抽出する。これにより、テキストの作成者の注意を喚起したり、論理の一貫性を検証することが可能になる。

仮想受信信号強度指標表示機能を有する携帯端末
 登録番号
-------------
 概要
 6156905(2017年6月16日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 構成される仮想ネットワーク毎に仮想RSSI値(受信信号強度指標)を定義し、受信における信号対雑音電力比から得られる通信可能容量の最大値を、シャノン限界から導いたものとすることにより、ユーザが体感できるサービスに対する接続性として、より直接的な指標となるようにする。

無線装置
 登録番号
-------------
 概要
6156907(2017年6月16日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 無線通信技術において、最大階数のMIMO行列を提供することに加え、それぞれの送信アンテナから送られる送信シンボルを丁寧にデザインすることにより、システムのアレー干渉による利得をさらに導入する。これにより、通信の信頼性の向上、セル領域の拡大、PERの向上を図ることができる。

無線送信機、無線受信機、無線送信方法および無線受信方法
 登録番号
-------------
 概要
 6164630(2017年6月30日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 厳しい送信スペクトラムマスクの規定が適用されるホワイトスペースにおいて無線通信を行う場合でも、自機の性能や通信環境に関する各パラメータと、予め記憶されているテーブルに基づき、当該規定を満足するための最適なウィンドウィング関数、ウィンドウィング長、ガードインターバル長および送信電力を動的に選択することができる。このため、送信スペクトラムマスクの規定を満足するために送信電力を不必要に低下させることなく、十分なカバレッジとスループットを確保しつつ、帯域外輻射を効果的に抑制することができる。


ディープ・ニューラルネットワークの学習方法、ディープ・ニューラルネットワークのサブネットワークのパラメータを記憶した記憶媒体及びコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6164639(2017年6月30日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 ディープ・ニューラル・ネットワーク(DNN)による画像認識手法において、予め複数のカテゴリーに属するオブジェクトが含まれる画像を準備し、独立サブネットワークに各カテゴリー用の依存サブネットワークを接続し、そのカテゴリーに属する画像についてDNNの学習を行う。一定量の学習が終了したらカテゴリー用の依存サブネットワークを別のカテゴリー用のものに代え、そのカテゴリーに属する画像でDNNの学習を行う。こうした学習を繰り返し行い、独立ネットワークのパラメータを固定することで、学習に使用されなかったカテゴリーの画像に対するサブネットワークの学習が可能であり、そのために学習時間も少なくて済む。


コモンモード伝導妨害波測定装置
 登録番号
-------------
 概要
 6164643(2017年6月30日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 電子回路素子を使うことなく、ディファレンシャルモード伝導妨害波の影響を除去し、コモンモード伝導妨害波を正確に検出できる。さらに、電磁遮蔽体内に配置する電磁界検出手段に応じて検出可能な周波数帯を任意に選択でき、従来できなかった30MHz~1GHzのような高周波・広帯域でのコモンモード伝導妨害波検出に対応することができる。

複数の電磁波源からの電磁波の比吸収率の測定方法
 登録番号
-------------
 概要
 6168588(2017年7月7日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 複数の電磁波源からの電磁波の比吸収率の測定方法に関し、マルチアンテナからの電磁波の1地点の電解の1成分につき、ベクトルグローブを用いるベクトル評価法の場合はN回の測定、スカラープローブを用いるスカラー評価法の場合は、N(N-1)+1回の測定でSARを評価できるようになり、必要な測定回数が少なくなることで、測定時間の短縮を図ることができる。

マルチホップ無線通信システム
 登録番号
-------------
 概要
 6179883(2017年7月28日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 時分割多重を用いたマルチホップ無線通信ネットワークにおいて、基地局は新たに通信の開始を望むサブネットワークを検出し、スーパーフレームを構成する連続フレーム群中に使用可能な空きフレームが存在しない場合は現在フレームが割り当てられている無線通信を行っているサブネットワークのうちのいずれかのフレームを新たに通信の開始を望むサブネットワークに割り当てる。これにより、限られた有効マルチホップフレームしかなくても、単位面積あたりのサブネットワークの収容密度を向上させ、信号干渉を低減させることができる。


WFST作成装置、音声認識装置、音声翻訳装置、WFST作成方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 6179884(2017年7月28日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 音声認識等に用いられる重み付き有限状態トランスデューサ(WEST)作成装置に関し、従来新しい単語を追加するために、WESTを再構築する必要があり再構築のために長時間を要していたが、本発明により、新しい単語を受け付ける状態遷移が簡単に追加できる。

NICTが保有する技術や特許などのご利用につきましては、下記にご相談ください。

問い合わせ先

イノベーション推進部門 知財活用推進室

TEL.042-327-6950
FAX.042-327-6659
E-mail: