本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

登録特許情報の一覧

  • 印刷
2017年2月13日

新たに登録になった特許を順次公開しています。

空間光スイッチング
 登録番号
-------------
 概要
 5904542(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 空間多重された信号に対してスイッチングを行い、パス切り替えを行う空間光スイッチング装置及び方法に関し、スイッチングノードにてシングルモード化する必要のないスイッチング装置にしたことにより、スループットが高く、また、スイッチングを経ても軌道角運動量を保持させ, 伝播できる光スイッチング装置及び方法を提供する。

シナリオ生成装置、及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5904559(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 大量の文書に記載された情報から、それら文書に記載された情報を超える範囲で、あらゆるリスクとチャンスとを考慮した、因果関係の連鎖からなる情報を生成することにより、予測に基づいて将来の準備を進めることができ、「不測の事態」を避けることが可能となる。 

光電変換デバイスにおける変換効率の周波数特性校正システム
 登録番号
-------------
 概要
 5904566(2016年3月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 ヘテロダイン検波用の2トーン光を作成するために別々の2つの光源を用いなくても、マッハツェンダー導波路を含む光学系を所定の条件のもとに用いることで、ヘテロダイン検波に要求されるスペックを満たす2トーン光を容易に生成することができる。これにより、ヘテロダイン検波光源として要求される特性を備えたヘテロダイン検波に用いられる光源を提供することができる。

複雑述語テンプレート収集装置、及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5907393(2016年4月1日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 大量の文書に記載された情報から、コンピュータの力を生かし、あらゆるリスクとチャンスとを考慮した、将来起こり得る事象を予測するために因果関係の連鎖からなる、バランスのとれた適切な意思決定を人々が下すために有用な社会シナリオを生成するための基礎となる要素を収集するシステムを提供することができる。

明光攻撃の検知機能付き単一光子検出器
 登録番号
-------------
 概要
5911097 (2016年4月8日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 量子鍵配送システムにおいて、通常より多い数の光子が伝搬路に存在するか否かを把握することにより、明光攻撃状態を適切に把握することができ、 盗聴攻撃等に対して高い耐久性を有し、極めて秘匿性の高い量子鍵配送システムを実現することができる。

翻訳装置、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5911098(2016年4月8日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 機械翻訳において、学習二分木を用いて対象となる構文を解析し、語順を入れ替えるかどうか判断する。これにより、語順の推定精度が向上し、訳質を高くすることができる。

述語テンプレート収集装置、特定フレーズペア収集装置、及びそれらのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5924666(2016年4月28日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 自然言語の文又はフレーズ間の関係を認識するための技術に関し、インターネットの検索エンジン等の利用が普及するとともに言語処理技術が進歩し、「書いてある情報」を見つける事に関してはかなりレベルの高いサービスが開始されつつある。それと対照的に、「書いていないが、しかし有用である情報」を仮説として推論する技術についてはまだ十分なものが得られていなかった。これらの問題を解決し、因果関係、矛盾関係等の、フレーズ間の論理的関係を自動的に認識することを可能にするために、それらを構成する述語テンプレートを効率よく自動的に、かつ精度高く認識できる述語テンプレート収集装置を提供する。

機械翻訳装置、機械翻訳方法、およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5924677(2016年4月28日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 機械翻訳による言語語順変換において、スワップオペレータリストを利用することにより、日英翻訳を含む任意の2言語間の翻訳を簡易に行うことができる。さらに、二分木に特化したスワップオペレータリストを用いることにより、スワップオペレータの数が、三分木以上から語順規則を自動生成する場合と比べて、大幅に少なくなり、人手でそのリストを管理するとともに、人手により追加した規則により原言語語順変換精度を向上することが可能となる。

個人モデルデータの生成方法、生成プログラム、および生成システム
 登録番号
-------------
 概要
5943267 (2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 数値人体モデルの生成に関し、体形変形を行うための目、口、耳などの体表面上において基準となる部位をマニュアルで設定することなく、数値人体モデルに基づく個人モデルデータのシミュレーションを段階的に行うことによって、自動的、高精度、短時間かつ高い再現性をもって行うことができる。これにより、医療研究および医療現場などや産業上での利用が可能となる。

通信装置
 登録番号
-------------
 概要
 5943271(2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 本発明によれば、同時に2つ以上の通信リンクを利用可能な通信装置において、特に送信すべきパケット数の適正数を係数することにより通信の速度や安定性を効率的に向上することが可能な通信装置を提供することができる。

周波数分割多重信号用チャネライザ
 登録番号
-------------
 概要
 5943272(2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 マルチビーム通信衛星通信において用いる周波数分割多重技術に関し、単一の通信衛星において地上から送信された複数のビームを受信し、当該通信衛星に搭載されたチャネライザ等を用いて各ビームに含まれるチャンネル信号を分波抽出し、これらの信号をフィーダリンク帯域内に周波数変換してフィーダリンクの周波数利用効率が高くなるように再配置する。そして、フィーダリンクを介して地上の送信先の地上局へ送信することなどにより、周波数多重化された各チャンネルの受信レベルの差異が大きい場合や、受信ビームの強度にレベル差がある場合に、各チャンネルの信号レベルを適切に調整することができ、各チャンネルの信号に大きなダイナミックレンジを確保することができる。

立体ディスプレイ
 登録番号
-------------
 概要
 5943273(2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 立体ディスプレイに関し、一定時間内において各反射素子の反射面でそれぞれ異なる方向に反射された複数の光線からなる光線群が形成されるように複数の反射素子を制御し、立体形状データに基づいて、光線制御子を透過した複数の反射素子からの複数の光線群により立体画像が提示されるように光線発生器を制御するように構成する。これにより、少ない数の光線発生器でコストの増加を抑制しつつ品質が向上された立体画像を提示することができる。

 立体ディスプレイ
 登録番号
-------------
 概要
 5943274(2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 複数の光線群により提示される立体画像に実質的に間隙が形成されずかつ立体画像の立体形状が認識されるように、かつ、隣り合う出射位置のうち一方の出射位置から基準軸を通るように出射される光線と他方の出射位置から基準軸を通るように出射される光線とがなす角度の2倍以下になるように光線制御子による光線の拡散の角度範囲が設定する。これにより、観察者は、3次元空間に広がる視域から同じ位置に変形しない高品質の立体画像を視認することができる。

立体ディスプレイ
 登録番号
-------------
 概要
 5943275(2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 複数の光線発生モジュールとその制御手段を備えた立体ディスプレイを予め定められた設置面に配置し、設置面に対し、斜め外方の観客席の位置に視線を定義し、視域の任意の位置で観察者が両眼視差を知覚可能な角度間隔で複数の光線からなる光線群を上下方向の軸を中心として全方位に出射する。観察者は観客席における視域の任意の位置から立体画像の各画素を視認することにより立体画像を観察することができる。また、設置面の大きさに応じて光線発生モジュールの数を増加させることにより、視域を拡張することができる。これにより、広い空間で多数の観察者に立体画像を提示することが可能になる。 

スペクトル割り当て装置
 登録番号
-------------
 概要
5943276(2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 検討すべきプライマリシステムを、臨界点の位置関係に基づいて絞り込むことにより、スペクトル割当てに要する演算時間を短縮することができる。また、既存の他のセカンダリシステムの存在を考慮するため、プライマリシステムへ与える不測の混信を抑えることができる。さらに、同一チャネルによる混信に加えて隣接チャネルによる混信をも考慮するため、プライマリシステムへの不測の混信をより確実に抑えることができる。


受信信号判定装置及び方法
 登録番号
-------------
 概要
 5943278(2016年6月3日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 受信信号がテレビジョン信号であるか否かを判定する装置及び方法に関し、受信信号について、サブキャリアを構成する全周波数分切り出すのではなく、サブキャリアを構成する全周波数のうち一部の周波数を切り出し、参照シーケンスと相関を求める処理を行う。このため、全周波数領域の端部近傍について切り出し相関を求める処理を行うのを回避することができ、隣接する他の周波数チャネルによる影響を除去し、判定精度を向上させることができる。


フォトニック結晶を用いた光検出方法
 登録番号
-------------
 概要
 5946052(2016年6月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光の透過特性と屈折率との関係から屈折率が二酸化ケイ素の屈折率より高く、しかも光の吸収スペクトルの吸収端が330nmより短波長側にある純物質または当該純物質を一部に含む化合物を含む材料をフォトニック結晶の高屈折率部に用いることにより、フォトニック結晶に光を照射した際に、フォトニック結晶自体が発光すること(バックグラウンド発光)を効果的に抑制でき、バックグラウンドノイズの発生を防止して高感度に光検出を行うことができる。


モバイルネットワーク
 登録番号
-------------
 概要
 5954783(2016年6月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 有線ネットワーク区間と無線アクセス区間の仮想ネットワークの統合制御を行うモバイルネットワークに関し仮想化ネットワークと仮想化無線ネットワークとが連結された仮想ネットワークを構築することによって、個々のサービスについて、サービス毎に異なるアクセスもしくは伝送特性を有するネットワークで提供することが可能となり、サービス種別に関わらず等しく発生する輻輳を回避でき、優先すべきサービスの接続性能ないしはサービスの継続性能が改善が期待できる。

通信装置、通信制御方法
 登録番号
-------------
 概要
 5958747(2016年7月1日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 テレビジョンホワイトスペース環境下で動作するように構成された端末である通信装置およびその通信制御方法において、そのときの位置が、データベースからもたらされた各地点のうちのどの地点に近いかを判別し、さらに、自装置で行う情報処理の性質に基づいて、選択肢リストのうちから適当なものを適用ポリシーとして選択する。これにより、ある程度以上に高速に移動する場合にも有利に使用周波数の選択をすることが可能となる。

音声処理システム及び端末装置法
 登録番号
-------------
 概要
 5967569(2016年7月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 音声サービスを利用するユーザが、何を発話するかについて思いつかずに戸惑ってしまう場合に次の会話を推測し、発話候補を提示する。これにより、発話を思いつくまでに発する無意味な音声が少なくなり、音声認識の精度を高めることができ、音声認識の結果を用いる音声サービスの精度も高めることができる。

通信管理装置、通信管理方法、通信装置、通信方法
 登録番号
-------------
 概要
 5967570(2016年7月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 管理対象である複数の被管理装置のうちの2つの被管理装置のすべての組み合わせ対における通信リンクのスループットであるリンクスループットをリスト化したリンクスループットリストを、複数の被管理装置のそれぞれからリンクスループットの情報を取得して作成し、このリンクスループットに基づいて第1、台2の被管理装置の間の候補経路それぞれにおける経路スループットを算定することにより、通信効率や速度をより向上させることができる。

ID/ロケータ分離に基づくネットワークのマルチホーミング環境におけるリンク障害検出および正常動作中のリンクへのセッション切り替えの方法
 登録番号
-------------
 概要
 5967601(2016年7月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 通信機器に直接接続された機器の間の経路に存在する、リンクの障害を検出するための機構、障害が発生した場合に通信リセッションを回復するための機構を規定するキープアライブタイマとプローブタイマの2つのタイマを維持し、パケット受信イベントおよびパケット送信イベントをモニタすることによって障害を検出し、回復を開始する。

電子ホログラフィ表示装置
 登録番号
-------------
 概要
 5975438(2016年7月29日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 今までの空間光変調素子を用いた電子ホログラフィ装置では、複数の空間光変調素子同士を密着させて並べることができず、3倍以上の間隔を開けて並べる必要があったため、立体再生像が所々欠けてしまうという題があった。本発明の構成により、縦方向の視差を失うことなく、欠けのない立体再生像を表示することができる電子ホログラフィ表示装置を提供する。

発話区間検出装置及び発話区間検出のためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5988077(2016年8月19日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 特定話者の音声信号、不特定話者の学習用音声信号、及び、発話のない状態の学習用音声信号を音源として得た音響特徴量を用いて学習した統計的音響モデルを用いて、音声の音源が特定話者か、不特定話者か、無音状態かを推定する。無音状態でなくとも、特定話者ではなく不特定話者の音声である確率が高い区間については、特定話者の発話区間から排除できる。これにより、背景に人の声が入る環境下でも特定話者の発話区間を検出することができる。

カメラ較正情報生成装置、カメラ較正情報生成方法およびカメラ較正情報生成プログラム
 登録番号
-------------
 概要
 5999615(2016年9月9日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 点光源等のマーカを複数のカメラで撮影したそれぞれの画像からマーカの3次元座標位置を推定する3次元座標位置推定装置において、30以上のカメラ画像により、誤差平均が十分に”0”に近似するため、未知のパラメータを適宜変化させて最適解を求める従来の手法に比べ、演算量を大幅に改善することができ、高速にカメラの較正情報を生成することができる。

NICTが保有する技術や特許などのご利用につきましては、下記にご相談ください。

問い合わせ先

イノベーション推進部門 知財活用推進室

TEL.042-327-6950
FAX.042-327-6659
E-mail: