本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

NICT本部展示室

  • 印刷

NICTの最新の研究内容を展示するとともに、NICTの歴史や研究史料も展示しています。

ご利用案内

開館時間  9:30~17:00
(受付は16:30まで)
 休館日  土・日・祝日および年末年始
 入館料  無料
 電話  042-327-6375
 E-mail  問い合わせメール
 住所 〒184-8795 東京都小金井市貫井北町4-2-1
NICT本部 交通のご案内
 お知らせ   駐車スペースには限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

主な展示内容

写真: 原子泉型一次周波数標準器(初号機)

周波数標準器
原子泉型一次周波数標準器(初号機)。

写真: BANシステム

BANシステム
腕時計型、ペンダント型、ベルト装着型及び固定型端末によるBody Area Network(BAN)システム。

写真: 人の動き・侵入検知システム

人の動き・侵入検知システム
部屋の中に設置された送信機からの電波を監視することにより、人の動きや部屋への侵入を検知するシステム。

写真: Pi-SAR2の観測データを可視化した画像

Pi-SAR2 (パイサーツー: Polarimetric and Interferometric Airborne Synthetic Aperture Radar System)
Pi-SAR2を用いて、東京都心から多摩地区を観測したデータを可視化した画像を、横6.5メートル、縦2.5メートルの大きさで壁面に展示。Pi-SAR2は、30cmの細かさ(分解能)で地上を航空写真のように観測することができる。

写真: 数値人体モデルデータベース

数値人体モデル
電波が人体内部でどのように振る舞い、影響を及ぼすかをコンピュータ上で正確にシミュレーションするための数値人体モデル。

写真: nicter(ニクター)

nicter (ニクター: Network Incident analysis Center for Tactical Emergency Response)
ネットワーク上でインシデント(セキュリティ事故)を誘発する様々な攻撃への迅速な対応を目指したサイバー攻撃観測・分析・対策システム。

写真: DAEDALUS(ダイダロス)

DAEDALUS (ダイダロス: Direct Alert Environment for Darknet And Livenet Unified Security)
nicterの大規模ダークネット観測網を利用し、組織内のマルウェア感染や、組織外への攻撃、さらには組織外からのサービス不能(DoS)攻撃などを迅速に検知し、アラートを送信するシステム。

写真: NIRVANA(ニルヴァーナ)

NIRVANA (ニルヴァーナ: nicter real-network visual analyzer)
通信を「見える化」することで、ネットワークのトラフィックの集中やリンク切断、設定ミス等を瞬時に見つけ出すことを可能にし、ネットワーク管理者の負荷を劇的に軽減し、管理コストの低減につなげるシステム。

写真: 3カ国同時音声翻訳システム

3カ国語同時音声翻訳システム
マイクに向かって話すと、英語、中国語、韓国語に翻訳して表示し、同時に、音声合成してスピーカーから再生するシステム。

写真: 多感覚インタラクションシステム

多感覚インタラクションシステム
実際の物体の立体形状、画像、接触音を計算機内に仮想モデルとして作成することで、あたかもそこに物体があるかのように、見たり、触れたり、音が聞こえたりするシステム。

写真: 球形立体スピーカー

多次元音響技術 -球形立体スピーカー-
26方向への独立放射ドライブユニットにより、例えば楽器演奏を再生した場合、あたかもそこで実際に演奏しているかのような表現を実現できる音響システム。

写真: 静止画ホログラム

電子ホログラフィ
300台のカメラで人物・物体を撮影してホログラムデータに変換したホログラムを、静止画ホログラムとして表示。

写真: Ge:Ga遠赤外線検出器

Ge:Ga 遠赤外線検出器
赤外線天文衛星ASTRO-F(あかり)の遠赤外線観測装置の検出器として開発された素子。

写真: 半導体量子ドット光源

半導体量子ドット光源
波長を広帯域で変えることができ、かつ、光周波数の精度と安定性が高い、近赤外線(波長1.0~1.3ミクロン帯)で動作する世界初の半導体量子ドット光源。

写真: リアルタイムアスベストモニター

リアルタイムアスベストモニター
導管の中を流れる空気にレーザー光を当て、光検出器でアスベストのみを自動的に検出し、その場でカウントする装置。

写真: ヘリコプター衛星通信

ヘリコプター衛星通信
高速で回転するヘリコプターロータの隙間を狙って、電波を間欠的に人工衛星へ送信する衛星通信システム。

写真: ダジック・アース

Dagik Earth (ダジック・アース)
球形のスクリーンに、プロジェクタで地球や惑星の表面画像を投影するシステム。
Dagik Earthは、平成21-23年度において京都大学、情報通信研究機構、国立科学博物館、静岡科学館、静岡大学の共同研究として、文部科学省宇宙利用促進調整委託費によって開発されたものです。

写真: TYK式無線電話機(複製)

TYK式無線電話機(複製)
1912年(明治45年)、逓信省電気試験所の鳥潟右一、横山英太郎、北村政治郎の3名により開発された世界初の無線電話機。TYKは開発者3名の頭文字を取って命名されたもの。

写真: 電離圏観測の史料

電離圏観測の史料
昭和16年当時の電離層観測記録(手書き)等。

写真: TRMM(熱帯降雨観測衛星)送受信部のブレッドボードモデル

熱帯降雨観測衛星 降雨レーダ送受信部のBBM
1997年(平成9年)に打ち上げられた、降雨レーダを搭載した世界初の人工衛星の送受信部のBBM(ブレッドボードモデル)。BBMとは、衛星開発の最初に試作される機能・性能を確認するモデルのこと。

写真: 移動体衛星通信実験で使用したアンテナ

移動体衛星通信実験で使用したアンテナ
技術試験衛星V型(ETS-V)を用いた移動体衛星通信のために開発した車載用フェーズドアレイアンテナ(奥)及び航空機搭載用フェーズドアレイアンテナ(手前)。航空機搭載用フェーズドアレイアンテナは、改良され実用化された。

超伝導ナノワイヤ単一光子検出器(SSPD)
光子1つの検出が可能な超伝導素子。量子暗号通信やバイオイメージング等の分野での応用が期待される。

マルチコア光ファイバー
1本の光ファイバーに19のコア(光の通り道)を配置した光ファイバー。年々増大する通信量に対応。

メッシュ接続対応コグニティブ無線ルータ
電波の利用状況を認識し、最適な無線通信方式(無線LAN、携帯電話、WiMAX等)に切り替えて接続するルータ。網の目(メッシュ)状にルータを接続することで災害に強いネットワークを構築。

スマートメーター用Wi-SUN無線機
スマートメーター用の無線通信規格Wi-SUNに対応した省電力マルチホップ無線機。20mm ×40mmの極小省電力無線モジュールを開発。

アロマシューター
映像に香りを付与することで、豊かな臨場感を表現。

地域分散ネットワーク(NerveNet)
基地局同士が自動的に相互接続する機能を持ち、災害時に一部のルートで障害が発生しても直ちに別のルートに切り替え、通信を確保する無線マルチホップ技術を用いた分散ネットワークとアプリケーションです。データを蓄積・同期する機能が各基地局内に備えられており、通信障害が発生しても、接続可能な基地局から必要な情報が得られます。