本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

ナーブネット

  • 印刷

災害時に通信インフラが機能低下した場合の代替通信手段として開発した、分散無線ネットワーク「ナーブネット」を紹介します。

ナーブネットには、以下の特長があります。

  • 自動ルート変更により通信障害を瞬時に回避・復旧。
  • 各基地局内に備えられた分散サーバにより分散自律型ネットワークを構成し、全体のサービスダウンを回避。
  • 安否確認アプリ等と併せ、継続的に被災者を支援。
  • 平常時には、地域の情報提供、高齢者や子供の見守りなどに適用できます。

関連動画(ワイヤレスネットワーク技術)
超広域帯無線(UWB)の研究開発

情報通信研究機構(NICT)では、過去の研究開発で培ったUWB通信技術とノウハウを活かし、高い精度の屋内測位システムを開発しました。また、インターネット接続ができない状況においても、自律的にネットワークを構築する、「頼れる」無線ネットワークの実現に向けた研究開発も行っています。

小型無人飛行機を活用した無線中継システムの開発

NICTでは、巨大地震などで地上の通信ネットワークが寸断された場合にも孤立した地域との通信を迅速に確保するため、小型無人飛行機を活用した災害時無線中継システムの開発を行いました。