本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

量子暗号と東京QKDネットワークの紹介

  • English
  • 印刷

量子暗号は量子鍵配送による暗号鍵共有と、それを用いたワンタイムパッド暗号化から構成され無条件に安全な通信を可能にします。量子鍵配送では送信者が光子一つ一つに情報を付加し、受信者は光子の状態を検出、盗聴の可能性のあるビットを排除して絶対安全な暗号鍵を送受信者間で共有します。様々な量子鍵配送装置を共通プラットフォームを用いて統合・ネットワーク化して運用を行った東京QKDネットワークは、NICTのテストベッドJGN2plus上に構成され、暗号鍵のカプセルリレーや経路切り替えの実験が行われました。