本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

時空標準技術

  • English
  • 印刷
2cmの傾斜が測れた!

日本標準時を提供しているNICT(情報通信研究機構)では、志賀信泰(しがのぶやす)主任研究員を中心とするワイワイチームが、世界中で増え続ける無線通信機を同期させる新技術の実用化に取り組んでいます。ワイワイ技術を活用したインフラ変形モニターの実験にフォーカスしてご紹介します。

ワイワイってなに?

日本標準時を提供しているNICT(情報通信研究機構)では、志賀信泰(しがのぶやす)主任研究員を中心とするワイワイチームが、世界中で増え続ける無線通信機を同期させる新技術の実用化に取り組んでいます。「時刻同期を空気のように利用できる環境を整備し、人と人の協奏を支援する」というビジョンのもと、無線双方向時刻比較(ワイワイ)技術を用い、全ての通信機器の高精度な時刻同期と位置計測を可能にするべく研究を進めています。

時空標準  −究極の時計をめざして−

正確な日本標準時の維持と電波時計への標準電波送信など様々な方法での便利な供給、衛星測位などの時空間の精密な計測技術の研究開発、そして次世代の秒の定義を目指した究極の正確さをもつ光時計の研究開発を幅広くご紹介します。

時空標準  —究極の時計をめざして— (字幕付)

正確な日本標準時の維持と電波時計への標準電波送信など様々な方法での便利な供給、衛星測位などの時空間の精密な計測技術の研究開発、そして次世代の秒の定義を目指した究極の正確さをもつ光時計の研究開発を幅広くご紹介します。